~機関紙「よってかっしゃい」29号から~
バンブーアカデミー / Bamboo academy
北信キャンパス修学旅行
 平成29年7月初旬に、さくら国際高等学校北信キャンパスの3学年修学旅行がありました。
 中野市役所前に朝5時すぎに集合。心配された寝坊もなく、全員無事バスに乗り込み、雨の中を一路大阪へ。今年も慣れたドライバーさんによるスマートな運転で、貸切バスはぐいぐい大阪へ向かいます。この日はちょうど台風が大阪直撃と言われていた日。一抹の不安を抱きつつも、小雨降る中大阪城へ到着しました。海外からの観光客に混じって汗だくで天守閣へのぼり、さらに激しさを増す雨の中、一行はユニバーサルスタジオジャパンに向かいます。入り口で「屋外アトラクションは運行中止」と聞かされますがめげません。屋内アトラクションをしばらく楽しんでいると、いつしか雨も落ち着き、屋外アトラクションが動き出しました。そして待ち時間もほとんどなく屋外アトラクションを満喫できました!
b0185245_15431732.jpg
b0185245_15433024.jpg
 修学旅行2日目も全員無事集合時間に集まり、バスで海遊館へ移動します。長めの自由行動でしたが、それぞれに水族館や周りの複合施設を楽しむことができました。そして旅程最後の道頓堀へ。大阪らしいにぎわいをみせるそこでお昼を済ませ、またしても海外の観光客に紛れて観光し、午後3時、貸し切りバスはみんなを乗せて帰路につきました。

 今年は昨年と日程を少し変えて、USJを初日に組み込み、大阪城にも行きました。そして去年より自由時間を多く設定しました。一時解散と集合を繰り返したにもかかわらず、今年は2日目の朝を含めて誰も遅刻をせず、気持ちの良い時間正確な旅となりました。

 3学年の前期試験も終わり、だんだんと卒業が迫ってくる3年生。後期試験を終えればもう卒業です。卒業後は、この旅行のように「誰かが決めた日程の中で、ついて行けば目的地に着く」ということはありません。すべて自分が決め、決めたからには責任をもって目的地に向かわなければなりません。それぞれの課題をもって、残りの高校生活を過ごしてほしいと思います。
(北信キャンパス 小林 翔)


[PR]
by gaku-taku | 2017-12-22 22:42 | 機関紙
~機関紙「よってかっしゃい」29号から~

バンブーアカデミー 体育祭
 10月18日、待ちに待った体育祭。初出場の須坂チームは少人数の為、この日まで飯山チームと合同練習を重ねてきました。みんな気合い十分です。開会行事後、しっかりと準備体操、その後は初種目の大縄跳びからスタートし、ふらばーるバレー、ポートボールと進みます。キャンパス、飯山チームは人数が多いので学年ごとに対戦。須坂チームは先生たちも加わり頑張ります。
b0185245_15401516.jpg
b0185245_15402369.jpg
b0185245_15401070.jpg
生徒たちもだんだん熱くなり、普段とはまた違った姿を見せてくれました。結果は優勝キャンパス、準優勝須坂、飯山はMVPを手にしました。3年生の成長した姿が嬉しい体育祭でした。
(清水美鶴)
b0185245_15395628.jpg
b0185245_15400691.jpg
b0185245_15400161.jpg

[PR]
by gaku-taku | 2017-12-15 15:37 | 機関紙
~機関紙「よってかっしゃい」29号から~

バンブーアカデミー / Bamboo academy
社会自立に向けて過ごす一日一日

11時50分のチャイムを合図に、各自進めていたレポート学習や楽しいおしゃべりを止め、お昼の準備に動き出す生徒たち。飯山学習センターでは先生が作るお昼をみんなで頂きます。机を拭く人、箸や飲み物の準備をする人、ごはんやおかずを運ぶ人、みそ汁をよそう人、みんな自分が何をやればよいか考え準備を進めます。先日は、一人一人が自分の分を用意しました。自分のことは自分でできるようにし、さらに周りの様子を見ながら自分から動けるようになること。これは大事な力です。
 お昼の後は「午後活」です。今は春に植え大きく育った里芋の収穫と、販売の袋詰め作業をしています。親芋から子芋を取り、ひげを取り、「お客さんに買ってもらえるように」と考えながら作業を進めます。立ち仕事で1時間半ほどの作業では、だんだんと疲れ、集中力がなくなり、思わず楽しい話に花が咲くこともたびたび。「さあ、もう少し頑張って」と声を掛け合いながらの作業が続きます。
b0185245_15343075.jpg
 レポートを仕上げ、スクーリングや試験を受けて高校卒業資格を取ること。「午後活」で集中力や体力、根気強さを身に付けること。アルバイトをしながら仕事を覚え、職場の方々とコミュニケーションをとり、働くイメージを持つこと。自力で勤め先まで通うために車の免許を取得すること等々、学校での毎日の日課はすべて社会自立に向けての大事な取り組みです。
 一人一人卒業後の進路は違いますが、それぞれの形で社会参加ができるよう、高校生活を大事に過ごしてほしいと思います。生徒たちの社会自立に向け、微力ですがお手伝いできればと思います。
(飯山学習センター 宮﨑惠子)
b0185245_15344046.jpg


[PR]
by gaku-taku | 2017-12-08 15:33 | 機関紙
11月18日に機関紙29号が発行されました。

~機関紙「よってかっしゃい」29号から~

就労準備支援事業ほっぷ・ステップ JOB college報告

 ジョブカレで貨物自動車が必要になりました。就労に向けたトレーニングをする研修生のために資材を運ぶ車です。これまで使っていた乗用車は積載能力が限界を超えており、何度も何度もパンクしています。若者のために熱心に協力してくださる坂城町の株式会社竹内製作所様をはじめ、多くの企業の皆さまから資材提供拡大の提案もいただいている中で、貨物自動車の準備は急務になってまいりました。
 そこで公共的活動応援サイト長野県みらいベースに協力をいただいき「『若者に仕事を運び社会とつなぐ』貨物自動車が必要です」プロジェクトとして寄付を募りました。多くの皆さまの応援をいただき、7月17日から10月31日の期間に60万6500円の寄付が集まりました。この資金を利用して11月中には自動車を購入する予定で、現在は車種の選定に入っております。
b0185245_15294445.jpg
b0185245_15294009.png
b0185245_15293079.jpg
 ジョブカレでは、今年度7名の利用者のうち研修生2名が企業見学と実習を実施、1名は11月からアルバイトを開始しました。さらに1名はハローワークの協力をいただいてパート勤務が始まりました。9月より新たに加わった1名の研修生は、自力で通い続けながら生活自立を目指しています。一昨年に正規就労を果たした元研修生は、現在2年を経過し、一人暮らしを目指して相談に来るなど、さらに前へ進もうとしています。
 今、地域の内外に支援の輪が広がりつつあります。ご協力いただいた皆さまに厚く御礼申し上げるとともに、今後ともご支援を賜りますよう願い申し上げます。

理事長 池田 剛



[PR]
by gaku-taku | 2017-12-01 15:32 | 機関紙