「ほっぷ・ステップ JOB college」報告

~機関紙「よってかっしゃい」30号から~

就労準備支援事業「ほっぷ・ステップ JOB college」報告

「若者に仕事を運び社会につなぐ貨物自動車が必要です」プロジェクト達成

ご協力ありがとうございました!

 平成29年度ジョブカレでは、「有料の通所型」「無料の短期型」「非通所型」の3種類のプログラムを設定し、通信制の高校生など社会的自立に困難さを持っている若者にもプログラムを提供できるようにしました。利用者は31名と増加し、2名が福祉機関との連携により福祉による支援に移行、9名が地域の事業所に就労しました。地域の企業さまからは、実習教材としての仕事提供などさまざまなご協力をいただいており、企業担当者との直接やり取りや入出荷事務ができるようになった研修生もいます。


 利用希望者の増加に対応するため、実習教材の輸送能力増量を目指し、貨物自動車購入を計画しました。寄付サイト「長野県みらいベース」を窓口に65万円の寄付が集まり、貨物自動車を購入することができました。貨物自動車のおかげで運べる実習材がおよそ1.5~2倍に増加し、より多くの若者にプログラムを提供することができるようになりました。実習材の提供と寄付に当たっては坂城町の株式会社竹内製作所の皆さまをはじめ、県内諸地域の皆さまに力強いご支援をいただきました。ありがとうございます。


 地域の自治体との連携も進み、生活困窮者自立支援事業の就労準備支援事業としての受託も増えています。引き続き皆さまのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

(理事長 池田 剛)


貨物自動車購入を喜ぶ若者たち

b0185245_10422509.jpg


 




















竹内製作所様からクリスマスプレゼントをいただき、意気が上がるスタッフと研修生
b0185245_10440778.jpg

[PR]
by gaku-taku | 2018-03-19 10:47 | 機関紙