~機関紙「よってかっしゃい」28号から~

【平成29年度通常総会報告】

◆ 5月28日(日)中野市において、平成29年度ぱーむぼいす通常総会が開催されました。
 昨年度事業報告では、相談事業、学習支援事業、高校卒業資格取得支援事業で利用者が増加していること、自治体との事業が増えたこと等が報告され、3000万円規模の決算が承認されました。
 
 29年度事業では、利用者のニーズが増加する中で、子どもや若者の社会的自立を図るという法人の目的を達成するために、人材をはじめとする支援環境の充実を目指す各事業の事業計画と、それに伴う予算が承認されました。

 昨年度、高校卒業資格取得支援事業「バンブーアカデミー」では、須坂市に学習センターを開設しました。また、就労準備支援事業「ほっぷ・ステップ・JOBcollege」では、教材用の内職作業の提供企業が坂城町にまで広がり、事業の活動・協力がより広範囲になってきました。

 そこで、さまざまな企業や機関と連携しながら、地域の子どもや若者を地域の手で支援していくために、広範囲の多様な方々にお声掛けをし、会員を増やし、支援の手のひらを大きくしていくことを平成29年度の事業実施の方針として決定しました。
 引き続き皆様のご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

理事長 池田
[PR]
by gaku-taku | 2017-07-30 20:14 | 機関紙