~機関紙「よってかっしゃい」27号から~

【居場所支援事業 リニューアル予告】

 4月から居場所支援事業がリニューアルします! これまでは毎週土曜日の午前中、小学生から高校生までの小集団で、農業体験やゲーム、レクリェーション、キャンプ、ボランティア活動などに取り組んできました。子どもたちにとって非日常的、異年齢、少人数集団での活動は、新しい自分を発見し、人や物事に対する新しい見方をもたらし、安心と自信をはぐくみ、生活リズムを整えるきっかけにもなりました。
 来年度からは対象を中学・高校生とし、地域の中に活動の場を広げ、さまざまな人との交流や体験的活動を積み重ねることで、社会に出て自立していける基礎的な力をつける機会としたいと考えています。

◆目的 社会に出て自立できる力をつけよう◆
 ・生活面でできることを増やそう。
 ・いろいろな人と交流しながら社会性を伸ばそう
 ・体を動かし、体力をつけてたくましく働く力をつけよう。

年間カリキュラム
プログラム1「公共交通機関を使いこなそう」(4月下旬~6月中旬)
 ・公共交通機関を使って出かけます。
 ・ひろく地域を探検します。
プログラム2「キャンプに行こう」(7月上旬~9月上旬)
 ・キャンプに向けての計画、買い物、調理実習などの準備をします。
 ・実際にキャンプに行って楽しみます。
プログラム3「農業体験」(10月上旬~12月中旬)
 ・サトイモや大豆の収穫をしながら、働く体力とスタミナをつけます。
 ・収穫物を調理し、人を招待して収穫祭をやります。
プログラム4「遊雪実習」(1月上旬~2月下旬)
 ・かまくらや雪像を作って雪と遊びます。
 ・除雪をしながら基礎体力をつけ、強い体を作ります。
 ・協力して、最後まで取り組む力を伸ばします。

※参加には賛助会員登録が必要となります。
※プログラムごとの申し込みとなります。
※材料費、昼食代、交通費等の実費は参加者の負担となります。
※第3土曜日はお休みです。
※詳細は3月下旬に決まります。法人までお問い合わせください。

[PR]
by gaku-taku | 2017-02-28 08:45 | 機関紙
b0185245_11275399.jpgお世話になっております。
北信キャンパスです。











秋ごろからこつこつとやっておりました、2階教室の一角、内装工事が無事完了致しました。

個別学習室または個別相談室として落ち着いた時間を過ごせる教室が完成です。
入口はこんな感じ。
当然のように手作りの扉。







教室中央を仕切り、奥を学習や面談相談ができるスペースに。当然のように仕切りも手作り。
b0185245_11323911.jpg
この棚の反対側、教室手前のスペースには、
b0185245_11325897.jpg

ドラムセットを置いてみました。

落ち着いて過ごせる、まだ木の匂いがあたたかい、そんな教室ができ、生徒らも大変喜んでいます。
憩いの場として、あるいは頑張りすぎた生徒の避難場所としても使っていけたらいいなと思います。

この教室は、長野県元気づくり支援金をいただき、生徒や先生が協力して、やっとつくることができました。
末筆ながら、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。


[PR]