私が
家庭学習の習慣化に向けて
第一に考えるのが
環境整備です。

発達障害を持っているお子さんの中で
教室の環境が
集中を妨げているケースがあります。
視覚からの情報の取捨選択、整理が苦手なお子さんにとって
教室前方の黒板以外の掲示物などは
情報が一気に入ってきて
ごちそうさまという感じになってしまうようです。

家庭学習でも勉強部屋の環境構成は
第一に大切にしたいところだと考えています。

整理整頓が苦手で
いろいろなものが散らばっている
けれどなぜかどこに何があるか
全てわかっている。
逆に勝手に掃除に入ったりすると
怒られる。というケースもあります。

整理整頓が
苦手で自分でもわからなくなるというお子さんもいます。

その子にとって整理整頓ができていれば
学習するスペースだけ一緒に作って
そこは勉強する専用スペースという
約束を取り付ければ
いつもそこだけは勉強ができるスペースとして
自分で守っていけるようになる場合があります。

それとは別に
整理整頓が苦手で
自分でも困っているお子さまの場合は
「段ボール作戦」があります。
これは保育園や幼稚園のお遊戯室などで
やっている方法からヒントにしたものですが
口が広く、高さがある箱を三つほど用意します。
そこにマジックで入れるものを書いておきます。
字でもいいし、絵でも写真でもいいです。
大まかに必要に応じて分けます。
たとえば、ゲーム、漫画、学校のもの、プリントなど
そこにどかんどかんと入れる。
必要な時はその箱を探す。

探すのには苦労しますが
行き先がわからなくなることはありません。
整理に時間がかかりません。

本棚や引き出しなどの方法は結構高級な整理方法です。
毎日やるのは難しいです。

散らかるということは
逆にいうとそれだけ活動欲求が高く
関心の幅が広いということです。
活動を十分に保障しておきつつ
さっと片づけができちゃう。
次の活動時も
どこに何があるか大まかにわかっているので
自分で探してすぐに活動できるというわけです。

保育園の先生方は
保育の「環境構成」ということを大事にしておられます。
やりたいことが十分にできるように
いつでも手を伸ばせるように準備され、
片づけも自分でできるように発達段階を
よく見て準備されています。
片づけがされることで
他の新しい活動も保障できる。
まさに「育ちを保ってのばす」工夫があちこちにされています。

大きな箱に入っているおもちゃを
子どもが自分で選んで出してきて
遊んだあとは自分で片づけられる自立した生活を保障する環境を
さりげなく作っています。
あまり片づけ片づけと指導しているところは見かけません。
ちょっとした声掛けで
子どもたちが自分で片づけています。

子どもが使うものは
子どもが出しやすいところに
片づけやすくおいておく。
これはおうちでも使えます。

お子さんが
自分で片づけをして
活動スペースを作っていると
毎日いらいらしなくてすみます。
これが結構大事だったりします。

整理整頓する気がないのでなく
整理整頓ができない
とすれば
できる方法を少し工夫してやることで
自分でできるようになります。
気持ちよさを体験できれば
自分でやっていくことができます。

ビジネス書の整理術でも
似たような方法が紹介されています。

いちいちファイルにとじるのではなく
大まかに分類されたクリアファイルや
封筒にすとんすとんとつっこんでいく。
一日の終わりにファイルしていく。
また明日はすとんすとんとつっこんでいく。
仕事別ではなく
緊急度別とか処理に要する時間別につっこんでいくと
一日の時間が効率的に使えるそうです。
終わったあとは仕事内容別にファイルしていく。

ここでのコツは
机の上のクリアファイルは
あまり細かく分類しておかないことだそうです。

いつも職員室の机の上が
山になっていた私にとって
とても参考になりました。
とはいえまだまだ
修行中ですが…。

家庭学習でも
まずその子なりの
勉強スペースを構成することです。

テレビやゲーム、できれば漫画も
別の部屋にしておくのが最高です。

学習にとって
よけいな刺激は分離したり、
箱の中に入れることで
見えなくしておく。

学習支援では
教室で行うこともありますが、
なるべく自分の学習スペースに
移動して自分の力で
取り組んでいけるようにしています。

週に一度でも「ここは勉強するスペースだ」
と認識していけば
そこはその子にとっての学習スペースになります。

茶の間でもダイニングでも、全員が静かに仕事に没頭している空間となれば
そこはその子にとっての学習スペースになります。
個室という条件は必ずしも必要ではないと思います。
逆に小学生などはより効果的になることもあります。
但し、宿題にあれこれと口を出すと集中はとぎれてしまいます。
さりげない見守りの中で静かに時間を保障してやることができると
効果は絶大だと思います。

学習支援に伺った時に
まず、学習スペースづくりから取り組むようにしています。
大半はおじゃまするとお母さんと一緒に既に片づけてありますので
第2段階へスキップしています。

学習支援部
[PR]
by gaku-taku | 2009-09-20 22:47 | 学習支援
障がいの有無にかかわらず
家庭学習の習慣化についての悩みは
保護者の方の悩みとしてあがりがちです。

特に中学生では
宿題は本人にとっても大きな問題です。

本人は何にも感じていないような態度をしていても
毎日感じる日々のストレッサーになっています。
学校ではチェックを受けているし、
学級によっては毎日係りの生徒がチェックして
提出率をチェックしたりします。

班ごとに数字をまとめて
目標達成率を出したり…
表にシールを貼ったり
居残りしたり

先生もあの手この手で
宿題に対するモチベーションをあげようと試みたりします。
私もそうでした。

しかし宿題をやってこないのではなくて
宿題をやってこられないのではないか。
と考えた時に、いたずらにあおっても
モチベーションは下がる一方。
一時は先生の期待に応えようとして
提出はあがるのですが
リバウンドしたかのように
モチベーションの火は消えてしまう。

子どもが
「やらなくちゃいけないけれどできない」
という中で過ごしていたら
益々不安は増幅し、モチベーションの火は消えていく。

保護者の方も心配し、
子どもに声をかけると
喧嘩になったり、益々やらなくなったり。
どうしたらいいかわからないし、時間もない。

学校からは宿題の提出率について
報告される。責任を感じてしまって
焦ってくるか、あきらめる。
なんていうことはないでしょうか。

実際、私も小学校、中学校の担任時代に
生徒や保護者を追い込んでいたと思います。

特に中学校では
宿題の内容が具体的に示されないケースが多いです。
一日ノート一ページとか。

ある程度やり方が理解できている生徒には
のびていく方法ですが
かえって混乱したり、
できるところしかやらない
力として反映されない時間
手の筋トレになってしまい、
成果が出ないケースがある生徒もいます。

成果に結びつく家庭学習の方法についても
研究しています。

まずは朝、堂々と教室に入って
宿題を提出し、びくびくすることなく
すがすがしく一日をスタートできる。

そして、その積み重ねが、授業の理解や、テストでの成果として
返ってくる。

学習に関する課題解決の方法、モチベーションを持って
学校生活を楽しく過ごす!

そういう戦略達成のための
具体的戦術として支援方法を検討しています。

次回は
家庭学習の習慣化のための戦術その一。

学習支援部
[PR]
by gaku-taku | 2009-09-20 00:19 | 学習支援
現在ぱーむぼいすで
お引き受けしている学習支援の
人数は15人。
小学校から中学校まで。
担当職員は現在2名。
学習内容の定着や学習習慣の定着などへの
要請が多いです。

担当スタッフとは
週に一度のミーティングを持って
情報交換や
指導方法について
検討しています。

学習に自信を持てないようになって
学校生活に抵抗感を感じ始めている生徒もいます。
生徒によっては
学習支援とともにメンタル面でのサポートも行っています。

家庭学習の習慣化は
学校で担任していた時も
とても大切に考えていたのですが
なかなか具体的に指導ができなかった苦い思い出があります。

「宿題やれ」でおわり、
家庭学習ができるようになるための方略を持たなかった
ことを思い出しています。

テストで得点力を高めるために
テスト勉強が必要ですが
テスト勉強をするために
家庭学習の習慣化ができているかが
大切だと思います。

「テストの点数が全てではない」
けれど、もっというとそれだけ日々の授業が
わからないでいるということが
わかってきました。
テストの点数は授業がわからない!という
日々の悲鳴なのかもしれないと思うようになりました。

勉強だけが全てではない。けれど
学校生活の大半は授業です。
この大半の時間を「わからない」という
不安とともに毎日過ごしている生徒が
どうしたにいいかわからずに過ごしていることは
多いのではないかと思います。

不登校には個々によっていろいろな原因がありますが、
授業についていけないという不安を抱えているケースもあるように感じています。

わからないで不安に思っている生徒ほど
本当は
わかりたい、学校に行きたいという願いを持っているように感じています。

ぱーむぼいすでは
自分の力で学習を進めていけるようになることを
目指しています。
自分で自分のエンジンをかけるようになるためにはどんな支援ができるか
個々にあった具体的なスモールステップを踏んで
学習方法についての支援を大切にしています。

次回から
少しずつ
ミーティングや支援の中から見えてきた方法や課題について
載せていきます。

学習支援部
[PR]
by gaku-taku | 2009-09-19 23:44 | 学習支援
天神堂圃場の
里芋が出陣しています。

9月8日の野沢温泉のお祭りを皮切りに
周辺では祭礼が続きます。
祭礼といえば里芋。

「昔は野沢の祭礼にあわせて芋を掘ったもんだ。
と親方。
親方のゴーサインもでて、
9月の第2週から出荷が始まりました。

去年は10月相場に挑戦しました。
「もう少し待てばもっと大きくなりそうだけど…」
と欲張ってみたりするのですが

「必要とされている時に
必要としている人に
必要とされている分を
提供するのが生産者の使命だ!」
「相場を読むより、ほしがっている人の声を聞け!」
というのが我が親方の方針。

市場ではあと五十円、トップに及ばないのですが
ご注文いただいた季節料理屋さんからは
「ノリのきいたいい芋だ」と評価をいただきました。

中350円/㎏
小芋ちゃんシリーズ200円/㎏
ほくほく親芋ちゃんシリーズ100円/㎏

周辺では伝説の里芋優良圃場だけあって
葉に枯れの入り始めた周辺の里芋の中で
又まだぴんぴんしている天神堂圃場の里芋です。

掘ったはじから出荷しているので
写真がなくて残念。

ほりたての美しさ、ノリのきいた里芋一度おためしください。

池田
[PR]