カテゴリ:事務局だより( 40 )

ぱーむぼいすのホームページが大幅改訂してリニューアルしました。
ついでにURLも変わりましたので、ブックマークしてくださいね。

NPO法人ぱーむぼいす~手のひらの声~

ぱーむぼいすは皆さまのニースに合わせて進化していきます。
今後とも応援よろしくお願いします。


[PR]
先日12/15の事務局会議の際、
機関紙第13号を印刷し、
会員・寄付者の皆様に発送しました。
お手元に届いていますでしょうか?

第13号表紙
b0185245_21562356.jpg


表紙の事務局の西方さんによるイラストが
当法人の優しくてあったかくて
柔らかい雰囲気を表現していると思います。


当法人HPにもPDFファイルを置いています。
最新号だけですが、バックナンバー希望の方は
HPの問い合わせよりPCのメールアドレスとその旨お知らせ下さい。
バックナンバーのPDFを添付致します。

NPO法人ぱーむぼいす HP:http://www9.plala.or.jp/palm-voice/index.html
機関紙をご覧になりたい方は上記HPの「ぱーむぼいすについて」をクリックして下さい。


事務局 鈴木
[PR]
 12月1日(土)雪の降りしきる中、北信地域障害者自立支援協議会主催の発達支援フォーラムに参加してきました。今回は「あなたの身近な発達障害~なぜ?なるほど!でみんながかわる~」がテーマで、去年同様、講演とシンポジウムの二部構成です。

 講演では「支援が必要な個性とは」と題して、スクールカウンセラー・特別支援教育士スーパーバイザー・信州大学付属病院心理士の両川先生に発達障害の基礎的なお話を聞きました。話し方も簡潔で、初めての方にも分かりやすい講演だったと思います。

 そしてシンポジウムにはアスペルガー当事者のKさんが登場。Kさんは高校入学直前にアスペルガーと診断されましたが、普通高校に入学し、(何とか)無事卒業され、現在は就職されている26歳の男性です。しゃべりも受け答えもしっかりして、ユーモアもある方でした。言語性は高く動作性が低い、注意力・集中力に欠ける、ワーキングメモリが少ない等の特性があるそうです。

 Kさんは高校入学直前の告知に戸惑いながらも、高校で居場所(保健室と図書館)とサポーター(養護教諭と隣のクラス担任)を見つけます。入学してすぐに保健室に行き「僕はアスペルガーです。応援してください」と支援を求め、そこで居場所を確保しました。2年次以降学校に行くのが苦しくなって欠席が増え、出席日数が危なくなります。

そこで彼は療育支援関係者の提案で支援会議を計画します。自分で通知を作り先生方に参加を呼び掛けました。そして先生方と療育支援関係者が出席する支援会議が開かれたのです。

 発達障害がよく知られていなかった10年前に、しかも高校で支援会議が行われたことはすごいと思います。「僕が苦しいことを分かってほしい」というKさんの思いが実現させた会議でした。その後「Kちゃんノート」と呼ばれる連絡ノート(交換日記)が先生たちと交わされ、先生の理解も深まりました。

 当事者とそれにかかわった方たち(学校の先生・医師・スクールカウンセラー)から、それぞれの立場でのお話を聞くことができました。一方向から見ただけでは知ることができないお話で、とても勉強になりました。充実したシンポジウムでした。またこんな機会があるのならぜひ参加したいと思っています。

(北信圏域さん、来年もお願いします!)

(事務局 広瀬)
[PR]
NPO法人ぱーむぼいすをご利用の保護者の方が
詩集を上梓されました。

タイトルは
「それでも神様は背中を押す」
です。
b0185245_104922.jpg



amazon内容紹介より
「パパ、ぼくもつれていって!」 夫の死後、ネット依存症と引きこもりを抱えてしまった小学生の息子を見守る母の、闘いの日々を詠んだ詩集。不登校や家出などの困難が次々と押し寄せるなかで、心揺さぶられながらも明るさを失わずにやりすごす様が綴られ、清々しい感動が呼び覚まされる。同じような辛い状態にある誰かへ、「今は辛くても、きっと大丈夫だよ」という勇気を送る。


この詩集を上梓されたホホエミさんは
ご主人を突然亡くされ、
二人のお子さんを一人で育てなければならなくなりました。

しかし、そのお子さんがネットゲーム依存となり不登校…

そんなホホエミさんとお子さんのお気持ちを詩として綴っています。

素晴らしい詩集は文芸社より出版されています。
amazonからも購入できますので
ぜひご一読下さい。
amazon販売ページ


当法人にも寄贈していただきましたので、
読んでみたい方はお申し出下さい。

(事務局 鈴木)
[PR]
 11月12日中野市で開かれた発達障害支援フォーラム「お父さん出番です! 困り感のある子どもにどう向き合うか」に行ってきました。
 230名も集まった会場(途中から申し込みを断ったそうなので、出席したかった人はもっといたはず)は熱気ムンムン。保護者以外にも、教育関係者や保育士さん、保健師さんなど支援する立場の方の出席も多かったようです。

最初は日詰正文さんの講演で、発達障害支援の変遷・国の対応などを聞きました。4人の厚生大臣との思い出なども交え、わかりやすく楽しい講演でした。発達障害支援は厚労省のみならず法務省・経産省・国交省にも広がりを見せていて、長野県では「発達障害支援のあり方検討会」が立ち上がり、支援のシステムづくりを始めたそうです。まだまだ始まったばかりということですから、「これからに期待!」ですね。

 次は「気になる子どもとどう向き合う?」と題し、福岡寿さんの進行で、新保さんと矢島さんが加わってのシンポジウム。お二人は支援者の立場でもあり、自閉症の子どもを持つお父さんでもあります。保護者としての苦労などもいろいろ聞くことができました。

 その他「震災と発達障害」や「ペアレント・メンター」という面白いお話もありました。「震災のときに発達障害の子どもたちは大変だったろうな」と思っていたのですが、案の定でした。これは事前の準備が特に大切とのこと。また、ペアレント・メンターも国で制度化していくという話もあり、これからの支援ではキーワードの一つにになるかなと思いました。

 最後に質問の時間があったのですが、「学校で発達障害と認めてくれず二次障害を起こしてしまった」子のお母さんが発言されました。学校には何も聞いてもらえず、相談するところもなく、どうしていいかわからないというお母さん。こんなお母さんもまだまだたくさんいるんですよね。こういうのは一人で抱え込むと煮詰まってしまいます。この方は所在地が遠かったので残念だったのですが、近くの方ならぱーむぼいすが相談に乗ります。お気軽にご相談くださいね。

 ということで、とても勉強になったフォーラムでした。また、発達障害に関心を寄せる人も増えているのを実感し、将来への希望も持てるような気がしました。
 企画してくださった北信圏域さん、ありがとうございます。そして、またよろしくお願いします(個人的にもお世話になっているので)。

(事務局 広瀬)
[PR]
ぱーむぼいす北信学習相談センターでは下記の日程で学校説明会を開催します。

  第1回 平成23年12月11日(日)
  第2回 平成24年1月22日(日)
  第3回 平成24年4月1日(日)

日程はいずれも
   9:00~ 9:10 受付
   9:15~10:15 学校説明会
  10:15~11:00 個別相談・学校施設見学

会場は北信学習相談センターです。



準備の都合上、事前の申し込みが必要です。
申し込みは北信学習相談センターのホームページに掲載の電話・メールからどうぞ。

当日は個別相談にも応じます。
入学をご検討の方、ちょっとだけ興味がある方、ぜひご参加くださいね。

(事務局 広瀬)
[PR]
2011/9/16(昨日)、飯山教室にて事務局会議を開きました。

各事業の報告と当法人機関紙「よってかっしゃい」第8号の印刷・発送作業をしました。
理事会メンバーと郵送にて送付致します。
お手元に届くまで今しばらくお待ち下さい。
随時ご感想・ご意見をお待ちしております。
お気軽にお寄せ下さい。


また、昨日会議中、池田理事長より、長野県主催 長野県教育委員会主催の
三四六と語ろう 10年後の長野県
への参加が発表されました。
池田理事長は、ファシリテーター(進行役)として参加します。

参加者は県下現役高校生等のみ。
全員で討論できるようです。
b0185245_8312242.jpg




日時は
長野会場 10/2(日)13:30~16:00 ホテル信濃路
松本会場 10/15(土)13:30~16:00 ホテルブエナビスタ


応募は9/22まで各会場60名(応募者多数の場合抽選)
県内高等学校等(全日制、定時制、通信制、特別支援
学校高等部、工業高等専門学校)に在籍している参加者を募集中です。

詳細は県のプレスリリース 下記リンクをご覧下さい。
http://www.pref.nagano.lg.jp/kikaku/support/happyou/sanshiro.pdf


(事務局 鈴木)
[PR]
このところ北信地域は暑い日が続いています。
北信濃の梅雨のイメージとは程遠い暑さです。
(梅雨明けまで毎年うちではファンヒーターを片付けてませんでした)

熱中症に注意し、
しっかり水分や牛乳を補充したり
休憩をはさみながら活動しましょう。

飯山市戸狩地区にある高源院さんでは
紫陽花が見頃を迎えています。
b0185245_2134515.jpg



さて、2011/7/1 事務局会議を飯山教室にて開催しました。

各学校との連携や絶えない保護者の方からの相談、
また、高校受検を控えた中3の生徒たちの夏休み中の学習支援等について報告等がありました。

また、日中活動支援に家庭への訪問支援が加わり、
以前の料金等が変更になりました。
詳しくはぱーむぼいすHP日中活動支援の日中活動支援料金をご覧下さい。


また、先月6/17日に発行致しました機関紙「よってかっしゃい」第7号を、正会員、賛助会員、ご寄附いただいた皆様に送付していますが、お読みいただけましたでしょうか?
当法人の活動に興味をお持ちの方にはHPにて機関紙(pdf)をお読みいただけます。
ぱーむぼいすHP 機関紙をご覧下さい。

(事務局 鈴木)
[PR]
◎平成23年度特定非営利活動法人ぱーむぼいすの定期総会を
5/26(木)19:00より、野沢温泉村 サンアントン様にて開催致しました。

正会員総数11名中9名出席、委任状2名にて
当法人定款第27条により開会し、
第1号議案~第6号議案まで承認いただきました。

今回の総会では
当法人の今年度事業実施方針を
「子ども・若者の自立に向けた居場所支援と家族への支援」と定め、
今後もより一層活動を充実させていく予定です。

また、今年度よりさくら国際高等学校の
北信学習相談センターを
当法人飯山教室を会場として開校、
現在生徒1名が入学し在籍しています。

詳しくは6月17日発行予定の第7号にて
賛助会員及びご寄附いただいた皆様にてお知らせ致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎総会終了後は会費制にて懇親会を同会場にて開催しました。

味・見た目・香りなど工夫され、
とっても美味しいお料理に
いちいちうぅぅぅ~んと唸りながら頂きました。

トマトのババロア(ムース?)なんて
畑のトマトの新鮮で太陽の香り漂うような
そこにミントの爽やかな香りもプラスされ、
それにこのぷるるんとした食感に
前菜から素晴らしくて、もう倒れそうになるほど
美味しかった~
b0185245_22445677.jpg


その後も美味しいお料理が続き、
最後のシメのデザートまで
心も体も満足しましたが、
めいっぱい頂いたのに、
胃がもたれず、幸せでした。
(若い時は健胃だったのですが、
中年になるとすぐ胃に来るんです。)


そんな美味しいお料理を出してくれるサンアントンさん。
何年経っても変わらぬ…というか
一層美しさが増している奥様と
イケメンな息子さんにお料理をサーブされ
すっかり緊張してしまいました^^;
とにかく美味しいお料理ごちそうさまでした。

野沢温泉村 サンアントン様
389-2502長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9515
ホテル ハウス サンアントン
url:http://www.nozawa.com/stanton/
TEL 0269-85-3597
FAX 0269-85-3963
stanton*nozawa.com(*を@にして下さい。)

そしてイケメンスキーヤーの息子さんのblog
URL:http://ameblo.jp/ksk-84/


(事務局 鈴木)
[PR]
北信濃にもようやく遅い春が訪れつつあります。
飯山市の菜の花公園や飯山城址の桜が咲き始めました。

2011/3/18に発行しました当法人機関紙「よってかっしゃい」の第6号を
大変遅くなりましたが、HPにPDFファイルをアップしました。

しばらくの間、HPの容量の関係で
機関紙の第4号、第5号をGoogle Docsにアップロードしていたのですが、
今回、更新作業に伴い、
HP容量を増量しました。

以前はGoogleのIDを作っていない方には
見られない状態となっており、
大変不都合をおかけしました。

⇒ぱーむぼいすHP


⇒機関紙第6号(PDF)



HPの問い合わせフォームから送信されたとのお電話を頂きましたが、
そのお問い合わせは残念ながら届いておらず、
またお電話も発信者番号非通知となっており
こちらから連絡を差し上げることができませんでした。
申し訳ありません。

問い合わせフォームから送信いただいたのに、
まれに届かない場合があるようです。
数日経っても返信がない場合は、
お電話番号を通知する設定でお電話いただくか、
もしくは下記までメールをいただきますよう、
お手数ですがどうぞよろしくお願いします。
メールは⇒palmvoice.info☆gmail.com
迷惑メール防止のため、☆を@に書換えてご送信下さい。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日、野沢温泉村の坪山にエンレイソウが咲いていました。
b0185245_21123376.jpg

かなり開いてしまっていますが、
この花、ユリ科なんだそうです。
また、この周りにはカタクリやアズマイチゲもたくさん咲いていました。

が、コゴミを発見し、花の撮影より
コゴミ採集に夢中になってしまいました。
コゴミを軽く茹で、白いフレンチドレッシングをかけましたが、
癖がないのでこれもよく合いました。
美味しかったです^^


(事務局 鈴木)
[PR]