元気づくり支援金事業

~機関紙「よってかっしゃい」27号から~

平成28年度長野県元気づくり支援金事業
「社会的自立に困難さを持った子ども・若者の自立をはぐくむ教育相談室開設プロジェクト」報告

 利用者の人数増加や多様性に伴い、飯山教室ではスペースが不足気味になっていました。そこで相談や休養ができる教育相談室の整備を「長野県元気づくり支援金」の応援をいただいて実施しました。

 今まで雨漏りなどで使えなかった空きスペースを利用し、昨年から子どもたちが地域の専門家の協力を得ながら内装工事に取り組んできました。地域の方と交流しながら自分たちの居場所を自分たちの手でつくるという活動を通して、就労に必要な基礎的な力(職業理解、自己理解、社会性、協調性)がつき、自立的精神が養われたと思います。とかく社会経験が乏しくなりがちな彼らにとってこの実習活動は、将来の進路選択や就業意欲にも必ず良い影響を与えるはずです。

 教育相談室は、各種心理療法を受けたり、休養したり、また静かに相談できる場として利用されます。今回のプロジェクトは、社会的自立を目指す上での職業理解のよい機会となりました。ご協力いただいた長野県、北信地方事務所、地域の皆様に感謝申し上げ、ご報告といたします。(池田)

b0185245_828940.png

b0185245_8283436.jpg
作業風景。寒い中、黙々と作業を進めます。
[PR]
by gaku-taku | 2017-03-27 08:23 | 機関紙